ストロークに基づく漢字フォントの構成とその展開の システ

ストロークに基づく漢字フォントの構成とその展開の システ

13 3月, 2021

ストロークに基づく漢字フォントの構成とその展開の システ。OCRカタログ用語集。オムニフォント

「オムニフォント システム、あらかじめ学習機能使用せず、あらゆるフォントの文字セット認識する認識システム 」
、うすこ詳く 用語集。は。あらかじめ学習機能を使用せずに。あらゆるフォントの文字セットを認識
する認識システムです。 トップに戻る か行 解像度とは。インチあたりのドット
数 で表されるスキャン パラメータです。 以上のフォント サイズに設定PDF。でドキュメントを 形式に変換するときに。使用する
フォントによって出力が左右されます。 名が利用できない場合。
はフォントにシステムの名前を使用します。と
フォントに加え。 文字セットを使用しない フォント記号や
特殊文字などを埋め込みます。フォントを含むドキュメントを変換する場合
。 はフォントコード化言語を認識せず ではない

ストロークに基づく漢字フォントの構成とその展開の。のあらゆる文字?漢字を。文字数全体の母数の制限なしにコード化可能にする
ことである。また。漢字ントの利用システムには。ソフトウエア
エンジニアリングにおける構造化の手法を取り入れ。柔軟かつ拡張性のある利用
環境を構 築する

OCRカタログ用語集——- 引用ここから複数種類のフォントを混在して読み取る機能。マルチフォント読取と基本的には同義。2~3種類のフォントをサポートするものをマルチフォント読取、それよりもサポートフォント数が多いものをオムニフォント読取と区別されることもある。機能をレベル分けして商品化しているメーカーもある。——- 引用ここまでだそうです。質問者さんが提示された部分は「フォントを決め打ちしないで柔軟に対応する」という部分だと推測します。帳票の読み取りソフトでしょう。複数種類のフォントを混在して読み取る機能です。読み取り用の辞書に、オムニフォント辞書と言うのが入ってます。での記述ですねABBYの問い合わせ窓口へ直接訪ねた方がいいでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です