マクローリン展開の超解説公式?証明?メリット 3cosx

マクローリン展開の超解説公式?証明?メリット 3cosx

18 3月, 2021

マクローリン展開の超解説公式?証明?メリット 3cosx。a1。大学数学の質問 (1)a正の実数、級数∑(n=1~∞)1/(n^a)考える 級数a>1で収束、a≦1で∞発散するこ示せ (2)級数∑(n=1~∞)( 1)^n/n収束するか調べよ (3)cos(x)Taylorの定理応用てn次の剰余項求めよ よろくお願います 3cosxTaylorの定理応用てn次の剰余項求めよの画像をすべて見る。マクローリン展開の超解説公式?証明?メリット。テイラーの定理からテイラー展開?マクローリン展開へ; 道具としての
ロルの定理; テイラーの定理マクローリン マクローリン展開の気持ち;
オーダーが簡単に理解できる; 極限に応用できる; 不等式の背景が
分かるの第次導関数を^{}を書けばもし。余剰項が十分に小さい
場合。これを無視することでを多項式で近似することができますね。

a1 のときΣ[n=1,∞] 1/na= 1/1a + Σ[n=2,∞] 1/na≦ 1 + Σ[n=2,∞] ∫[n-1,n] 1/xa dx= 1 + ∫[1,∞] 1/xa dx= 1 + 1/1-a [ 1/xa?1 ]x=1,∞= 1 + 1/1-a -1= 1 + 1/a-1 ∞∴ Σ[n=1,∞] 1/na∞ a1a=1 のときΣ[n=1,∞] 1/na= Σ[n=1,∞] 1/n≧ Σ[n=1,∞] ∫[n,n+1] 1/x dx= ∫[1,∞] 1/x dx= [ logx ]x=1,∞= ∞a1 のときΣ[n=1,∞] 1/na≧ Σ[n=1,∞] ∫[n,n+1] 1/xa dx= ∫[1,∞] 1/xa dx= 1/1-a [ 1/xa?1 ]x=1,∞= ∞∴ Σ[n=1,∞] 1/na = ∞ a≦1Σ[n=1,2a] -1?/n= – Σ[n=1,2a] -1??1/n= -Σ[n=1,2a] -1??1/n+ 2 Σ[n=1,a] 1/2n+ 2 Σ[n=1,a] 1/2n= – Σ[n=1,2a] 1/n + Σ[a=1,a] 1/n= – Σ[n=1,a] 1/a+nΣ[n=1,∞] -1?/n= lim[a→∞] Σ[n=1,2a] -1?/n= – lim[a→∞] Σ[n=1,a] 1/a+n= – lim[a→∞] 1/n Σ[n=1,a] 1/a/n+1= – ∫[0,1] 1/x+1 dx= – [ logx+1 ]x=0,1= – log2 ∞∴ Σ[n=1,∞] -1?/n∞ .fx = cosx とするとn次導関数 f?x = cosx+nπ/2 となるよって求める剰余項Rn はRn = {cosθx+nπ/2/n!} x? 0θ1 .

  • ?Chord もっとこう音楽を楽しみたいというか上達した
  • 幸いですは目上に失礼 押さなくても基本止まってくれること
  • ピアッサー 開けたピアスの隣にもう一個開けようと考えてる
  • ベルギーには 0で勝ったことをなんて言うの
  • 信号手前で 外車のマニュアル車って日本車のマニュアル車と
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です