ロシアのスパイがワクチン開発を標的に ロシア不当盗られた

ロシアのスパイがワクチン開発を標的に ロシア不当盗られた

18 3月, 2021

ロシアのスパイがワクチン開発を標的に ロシア不当盗られた。日ソ不可侵条約を破ったとか、いや国連憲章が優先されるのだから問題ないといった議論はどうでもいいのです。北方領土問題、

ロシア不当盗られた経緯(ロシアって痛いころ、だけ止めて~ ってころ)正々堂々話すべきだ思う

そて、「利息つけて返せ 」いうの筋だ思う 日本なぜそうないのか

返還際、金払うのロシアの方なの、

ロシアペコペコすべきなの、なぜ日本ぺこぺこするのか

そその原点かえるべきだ思う

盗ったお前悪いんだ ボケ っ返やれ ロシアにおける新型コロナウイルス感染症COVID。ロシアにおける新型コロナウイルス感染症対策を中心に,大使館として把握して
いる情報を順次掲載していきます。在留邦人の皆様及びロシアに渡航予定の皆様
におかれましては,ご一読の上,ご留意いただきますようお願い

ロシア。ナバリヌイ氏の毒殺未遂で治療担当のロシア人医師が急死
CNN ロシアの反政権活動家アレクセイ?ナバリヌイ氏が昨年8月に毒を盛
られたとされるロシアの。ソ連の核兵器。それらがどうやって流出していった
のかということのしかし彼らのこれだけの大胆な動きは。バイデン大統領→
即座に「ロシアのスパイがワクチン開発を標的に」。ロシアのスパイがワクチン開発を標的に」。英米カナダが警告 新型コロナ
ウイルスクリス?フォックス。レオ?ケリオン。標的にされ
ている組織名や。情報が盗まれたかどうかについては明かさなかったが。
ハッキングによってワクチン研究が妨げられたわけではないという。 共同声明に
はのほか。カナダ通信保安ログイン情報を手に入れていたという。 一方
で。こうしたスパイ活動に関与しているのはロシアだけでない可能性がある
という指摘もある。

アングル:異常に低いロシアのコロナ致死率。カシャエバさんのように。新型コロナに感染して亡くなりながら。死因は別の
理由とされた人はロシアで何千人にも上る。 同国の新型コロナ感染者数は29万
9941人と世界第2位だが。死亡者は2837人で。米ジョンズ?

日ソ不可侵条約を破ったとか、いや国連憲章が優先されるのだから問題ないといった議論はどうでもいいのです。ロシアが我が国を侵略し領土を奪ったという歴史的事実が存在するだけであり、日本としては平和条約を結ぶ必要などないし、ロシアとの関係は放置しておけばいい。あとはサンフランシスコ講和条約の千島樺太条項削除をアメリカとの間でやること。ドイツが戦車で先にロシアに攻め込んでるのです。文句は言えませんよそもそも不法に取られた可能性があるのは実際には歯舞群島と色丹島だけです。ロシア側もそれが分かっているので、一旦両島の引き渡しが行われそうになた経緯があります。ちなみに、当時の国際法や条約を理解しておく必要があります。まず不可侵条約です。?日本とソ連は日ソ不可侵条約により、互いに侵攻する事が出来ない。?国連憲章に定める事項と各国が定める条約が矛盾する場合、国連憲章を優先する。これが当時の国際法と条約です。国連憲章で、ソ連はアメリカやイギリスと同一の行動を取る事が出来ると定められていて、日ソ不可侵条約で侵攻は禁止されています。この場合、国連憲章が優先されるため、日ソ不可侵条約は無効になり、ソ連は日本に侵攻する事が可能です。ただし、日本は国連憲章では特に制限はされていないため、日ソ不可侵条約により、日本はソ連に侵攻する事は出来ません。なので当時は???ソ連は日本に侵攻出来る。日本はソ連に侵攻出来ない。これが当時の国際法と条約の関係です。また、当時の戦時国際法では、降伏文書などへの調印をもって戦争は終結したとする事が定められています。日本の降伏文書への調印は、です。日本はに無条件降伏を宣言していますが、国際法上は単に日本がそう言っているだけで、8月16日以降も戦争中です。ソ連は8月17日以降に千島列島に侵攻していますが、戦時国際法では戦争中であるため、そこは問題はありません。9月2日の降伏文書への調印時には、国後島と択捉島は既に陥落していて、色丹島に侵攻中でした。このため色丹島は9月3日に、隣の歯舞群島が9月5日占領されているため、この2島が戦後の占領になります。これについては本来はダメなため、両島についてはソ連が日本への引き渡しを提案しました。また日本も世界48ヶ国に対して、千島列島の放棄を宣言しました。また併せて、千島列島に関する全ての請求権の放棄も宣言しました。さらに各国はこれを承認します。地理学上、歯舞群島と色丹島は千島列島には含まれず、千島列島に含まれるのは国後島と択捉島になります。ただ歯舞群島と色丹島の引き渡しについて、日本がその2島だけでは要らないと拒否をします。日本はやっぱり国後島と択捉島も含めて4島を返すように要求して、歯舞群島と色丹島は他の2島とセットで返すように要求します。でもソ連側は国後島と択捉島は当時の国際法に則っているので、渡せないという事で話が止まる訳です。なので実は、歯舞群島と色丹島についてだけ纏めよう。という事を言い出した場合、簡単にまとまる可能性があります。だって4島返還は日本が主張しているだけで、ソ連側は元々2島引き渡しだったからです。日本がゴネて止まって居るのが2島だからですね。ちなみに国際法では、戦争中であれば占領は問題ありません。そして戦後に、両国間で条約を結び、その領土をどうするかを決めます。これが現在の国際ルールです。ただ日本は本来戦後にすぐに結ぶはずの両国間の条約が結べていないので、領土が決まっていないだけです。国際法は、歴史的事実よりも、条約で決まった事を優先する。というルールがあります。ロシアというか、国際的にはロシアが誤って占領してしまっているのは歯舞群島と色丹島だけで、その引き渡しを日本が拒んだ形になっているので、日本の主張があまり各国に受け入れられないんですよね。別に利息を付けて返せって主張しても良いんですが、千島列島の請求権は放棄している上に根拠法が乏しいので微妙な所ですよ。なので難しい問題ですね。長くなりましたがとりあえずはこの辺で。そもそもがソ連は日本と不可侵条約を結んでおきながら一方的に破棄し侵攻してきたこと自体、常識が無い、と言われていますが、じつはヤルタ会談でソ連の侵攻が正当だとされた経緯があり、アメリカはこの件については何も口出し出来ません。当然日本もそこが弱いところです。1956年日ソ共同宣言では国交樹立後の平和条約締結後に歯舞?色丹の2島返還されると明記されています。プーチンはこのことから2島返還には応じています。しかし主権は日本に帰属しないようなことを仄めかしています。このあたりがロシア国内の事情があるのですそれはプーチンの支持率が国内で良くなく、もしすべて日本に還すとプーチン政権が終わってしまう可能性があり、政府内からの賛同が得られません。結局は日本にはレンタル式になる可能性があります。そもそもにポツダム宣言の受諾を決定して降参しました。にも拘らずソ連が北方領土に侵攻してきたのが8月28日です。…しかしそれは降参する相手国にソ連が入っていないのです。アメリカ?イギリス?中國が相手国。ただ、1941年、ソ連と日本は不可侵条約日ソ中立条約を結んでいました。その満期期限が1945年の4月です。しかし、ソ連は有効期限が切れた後延長しないことを日本政府に伝えています。更新することなく4月25日に条約は失効しています。卑怯にも、~9月5日の間にすべての北方領土を占領しました。…ということで厳密には、ソ連は条約には違反はしていないのです。ただ、壊滅状態寸前の日本、まして天皇、政府でポツダム宣言をどうするか考えている最中に攻めてくるのは、人道的にどうよ…という話しです。ポツダム宣言は1945年7月に日本に送られてきました。もし即、降伏していたとしても日ソ中立条約の期限がすでに4月に切れていますので、おそらくソ連は6月に攻めてきたかもしれません。?????そのあたりソ連のほうが1枚上手だったのです。卑怯な国ですが法的には問題がありません。日本は不利なのです。結局は主権も含め2島でも返還されれれば良し、とせねばいけません。残念ながら、発言力というのは、軍事力の差なんですよ。それが分かっているから、左翼や特亜三国の工作員は、金に弱く頭も弱い、韓国人を使い、常に、日本に装備の縮小を、プロパガンダで、働きかけています、沖縄の、左翼新聞がそういう宣伝をして、米軍基地反対というボンクラ知事が出て、成功しているではありませんか?いつも思いませんか?沖縄の基地反対派の思想が、プロ市民を装う韓国人の、言い方そのものではありませんか?韓国人の反日思想と符合します。日本が攻めてこないという、安心感があるから、やりたい放題なのです。日本の9条が足かせとなり、無法状態でも、やらせておくしかないのです。憲法9条は、両刃の剣で、自分を傷つけることもあるのです。軍事力なら、竹島なんて5分で、艦砲射撃と、ミサイルで破壊出来ます。ロシアとならば、そうはいきませんでしょうね。政治の背景には、必ず軍事力と経済力があるんだと、いう話なんですよね。日ソ中立条約を一方的に破棄し、ソ連が日本に向けて不法に侵略を開始したのは事実です。日ソ中立条約は自動更新される条約で、破棄延長しないする場合、1年前に相手国に通達しなければいけない事が明記されています。つまり、1945年の4月に条約破棄を宣言したのであれば、正式に失効するのは1年の猶予期間を経過した1946年の4月となるはずです。当時のソ連外相のモロトフも認めていますですからソ連軍の侵攻は完全な侵略である事は揺るぎないのですが、賠償については1956年の日ソ共同宣言で請求権を相互に破棄しています。つまり、焦点はお金ではなく北方領土の帰属問題です。もし、請求権を破棄しておきながら、日本がロシアからお金を強請取ろうとしたら、日本は今の韓国や中国と同格な国へと成り下がります。韓国や中国は下らない屁理屈や詭弁を駆使し、国同士で決めた取り決めを平気で破りますからね。ですから利息云々という話は論外です。日ソ共同宣言って知ってます??日ソ両国は以来の戦争の結果として生じた其々の国、其の団体及び国民の其々の他方の国、其の団体及び国民に対する全ての請求権を、相互に、放棄する従って、利息付けて返せ!なんて主張は出来無いんですよ┓′Д`г=3っつか、其の手の主張する輩って『日本の領土だと知っているけど、具体的な根拠についての知識が乏しい上、其れ等を掘り下げて知ろうとしない情弱共』なんですよねぇ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です