住血吸虫症とは そういえば,以前,の知人地方病の話で日本

住血吸虫症とは そういえば,以前,の知人地方病の話で日本

18 3月, 2021

住血吸虫症とは そういえば,以前,の知人地方病の話で日本。一地方に極限し、長い年月に亘って多発し蔓延する疾患を風土病と言います。地方病関する質問

先ほど,YOUTUBEて,地方病関する動画観 地方病→ https://ja wikipedia org/wiki/%E5%9C%B0%E6%96%B9%E7%97%85_(%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BD%8F%E8%A1%80%E5%90%B8%E8%99%AB%E7%97%87)

恐ろい話だ思う反面,日本人の科学力感服た思え

そういえば,以前,の知人地方病の話で日本人の功績持ち上げていたので,かする地方病の話で「日本人スゲー」思っている日本人意外多いのかれません

で気なったの,「中間宿主」有る無別て,地方病同様の症状引き起こす「カエル存在する寄生虫」御座でょうか

,故ような質問するのか申ます,,幼少期祖母聞かされた話

20年以上前,テレビ番組のゲテモノ特集で「食用蛙」の話出た際の話
(※方言共通語翻訳て )

祖母:「御前らカエルか食うなよ どん腹空いて絶対だ!!」

:「あんなの食う訳ないだろ おぇ~ 」

???

祖母:「戦争(第二次世界大戦)で食べ物無くて困った頃の話だ

俺の親類の婆さん"食う物無いなら,蛙食えば良い "蛙捌いて食べていた

で,他の親類"そんな気持ち悪いの食えるか!!",どん空腹で蛙食べたりなかった

蛙食べ続けた婆さん,食糧難の中,常空腹満たされた状態で,健康的な生活送っていた

ただ,ある日境寝込むようなった

婆さん蛙食べて栄養補給すれば直ぐ完治するだろう考えたらく,いつ通り家族の者"蛙持ってこい"蛙持ってこさせ,いつ通り蛙食べていたいう

か,病状回復せず,次第腹膨れ始め,"ゲーゲー"蛙の鳴き声の様なうめき声上げ,"蛙持ってこい"言いなら死んでいった

,蛙の怨念だ

だ,蛙て絶対食べていけない 」

当時幼少期だった,トラウマの一つである話なの,話聞いて,蛙の怨念の可能性含め,長年原理考えてい

以下のの考察

1 蛙の怨念の可能性ついて
国依って蛙食べる文化的な風習の所あり,そうた地域で蛙食べた者同様の症状皆発生ているかいう疑わく思える為,棄却

2 腹膨れる現象ついて
テレビ番組の貧困地域の特集などで,腹膨れている子供たち等(ググる"クワシオルコル病"なるの )頻繁目ていたので,蛙の様膨れた姿いうの認知バイアス的な比喩表現の影響ある思える

3 蛙の鳴き声の様なうめき声ついて
,認知バイアス的な比喩表現の影響ある思え,仮声だけ聴いたたら,蛙の鳴き声の様聞こえなかった可能性あり,表現信憑性無い

本日,地方病の病状知り,上記蛙食べた婆さんの症状地方病の症状似ているのでないか考え,「実,蛙の祟りの話の原因寄生虫だったのでないか 」思ったの,で質問

上記の蛙食べた婆さんの症状引き起こ得る,蛙寄生する寄生虫有りますでょうか

ただ,流石「蛙生で食ったりないよな 」思うので,恐らく仮寄生虫寄生された蛙食べたて,病気発症する可能性低い思い,生焼けの蛙食べたら有り得るかれない考え質問させて頂き

かする,蛙以外の感染経路での病状の原因蛙原因だ錯覚ている可能性等考えられる為,今なって原因の解明辿り着けない話なのかれません

上記の話読んで,「寄生虫仮説」以外の仮説発案たいう方おりら,そうた仮説の提唱等受付ます

以上質問なります,宜くお願い致ます 住血吸虫症とは。本疾患は流行地では。社会経済的。公衆衛生的にマラリアに次いで番目に重要な
寄生虫症とされている。わが国では以前。日本住 血吸虫症が特定地域に多発し
ていたが。今では撲滅されて新たな患者発生は見られない。しかし最近。日本人
が流行地に旅行や滞在したり。さらに外国人の日本 訪問が増えるにつれて。輸入
感染症としての重要性が高まりつつあり。国内医療メコン住血吸虫卵は日本住
血吸虫卵に。インターカラーツム住血吸虫卵はビルハルツ住血吸虫卵に類似する

100年目にして終息宣言。地方病」は,日本では,広島の片山地方,九州の筑後川沿岸,千葉の利根川流域
と甲府盆地一帯などの,ごく限られた地域にのみ存在する風土病。などとも
呼ばれ, 年前に書かれた『甲陽軍鑑』の中にも患者の記述が見られるほど,
甲府盆地では古くから猛威を振るっていた。エイリアンという映画を知って
いる人は,あのイメージを持って欲しい この生活史から分かるように,日本住
血吸虫病を撲滅するには,中間宿主の「宮入貝」を駆除する事が最も効果的で
あり,甲府地方病を撲滅し医学が勝利した栄光の地。日本横断徒歩の旅ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはの
米国版と国際版からの翻訳記事と日本てきた地方病の正体は。現在も
東南アジアなど世界中で発生している寄生虫病=「日本住血吸虫症」であった。
と。水田に入ると足の皮膚がかぶれる症状がよく見られたことから。皮膚から
感染する経皮感染説に二分されていた。な調査で。回前のこの「徒歩の旅」
第回?甲斐大和駅→勝沼ぶどう郷駅→塩山駅で歩いた甲府盆地最東部の

日本住血吸虫発見。日本の誇る画期的な研究として世界をリードし。医学。公衆衛生を中心とする
多くの関係者の努力によって。日本から日本以外にも。月に成田で「アジア
の寄生虫症へのアジア独自の戦略研究国際シンポジウム」も開かれている。
日本住血吸虫の発見とその生活史の解明は。世紀の医学で日本人が果たした
最も輝かしい業績であるといわれています。岡山に多い肝吸虫の発育史に関心
を持っていた桂田は。山梨の病気にも肝吸虫が関係しているのではないかと疑っ
ていた。国際的な小咄早い。政治的迫害を受けていると述べていた。日にはツイッターで。疑惑教会の一
部が日本人の生存権確保を否定する為に他までカルト視されてるような物足腰
に当たる支持労組は今でも頑張っているので。色々な意味でハラハラしながら
見守っています。ウィキペディアの「地方病日本住血吸虫症」の項目より

一地方に極限し、長い年月に亘って多発し蔓延する疾患を風土病と言います。貴方が言う地方病も同じです。それは、その土地の地勢、気候、地質、土壌、動植物相やその生態系などの自然環境因子と、そこに住む人々の衣食住、生活様式や習慣などが微妙に、密接な関係を持つことによって発生する特異な疾患です。その様な疾患は世界各国にあるのでしょうが、日本ではツツガムシ病、日本住血吸虫症、マラリア、フィラリア症などが局地的に流行していた時代がありました。このような古い古典的な風土病は、人々の生活水準や環境衛生の向上、さあらには、人の活動圏域の拡大と交流などとともに急速に減少しています。然し、今日に於いてもヒトT細胞白血病は九州や四国地方に多いと言われ、筋萎縮性側策硬化症は和歌山県に多いと言われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です