労働賃金の基礎理論 時間当たり賃金率10である時比べ賃金

労働賃金の基礎理論 時間当たり賃金率10である時比べ賃金

17 3月, 2021

労働賃金の基礎理論 時間当たり賃金率10である時比べ賃金。結論から言えば、賃金率が変化しても労働供給量は変化しないということになると思います。【問】労働よって得た収入のすべて財xの消費充てる合理的な消費者考える 時間当たり賃金率10である時比べ、賃金率15変化する効用最大化する労働供給量よう変化す るか
効用関数u=x^0 5(24 L)^0 5
ただx財の価格5で一定であり、xx財の消費量、L一日の労働供給量(0<L<24)である

で①px=wl当てめて代入、②L=24 (1/2)x出、賃金率(10)価格②①入れたころx=24出てきて混乱
授業内メモx=240/5 (10/5)L=(230/5)L、すなわちx=46L書いてあり、途中計算おかいので間違いだ思 授業で効用関数使わず導いてい

答えx=46、どちらL=23入ります
詳い方教えてくださる助かります 労働賃金の基礎理論。予備的考察 衽衲概念と実質賃金の労働需給説 労働と雇用 「労働力」と「労働
」は違う。「労働力」は「労働する能 力」で失業である。政府総務省「
労働力調査」の就業?失業率統 計では,「完全失業者」を,労働能力があり
ながら就業の最大化から,実質賃金を貨幣で表した額賃金額と 労働を
効用逓減,となるよう労働供給を行う,実質賃金がの稼働率操業率
変化と雇用量変化は密接に関係しで,製品価格が一定 のとき,労働の限界
生産物価

結論から言えば、賃金率が変化しても労働供給量は変化しないということになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です