大船渡高校 岩手大会で“令和の怪物”佐々木朗希投手擁する

大船渡高校 岩手大会で“令和の怪物”佐々木朗希投手擁する

18 3月, 2021

大船渡高校 岩手大会で“令和の怪物”佐々木朗希投手擁する。岩手県立大船渡高等学校は,甲子園への出場を逃したが,県大会決勝まで進出した。【高校野球】佐々木朗希、投げず終戦… 投球練習するこなく大敗
岩手大会で“令和の怪物”佐々木朗希投手擁する大船渡決勝で花巻東2 12で大敗 佐々木ベンチスタートのまま、マ
ウ ンド上るこなく敗れ、35年ぶり2度目の悲願の優勝逃た

で良いのね 肩壊すなら出さない いずれせよ前代未聞ね

補足
う、甲子園かみないよ あほちゃうか監督 うちの嫁激怒、物飛んできてます 怖い(?Д?≡?Д?)?大船渡高校。令和の怪物という異名が先行しているが故。世間からはどうしても遠い存在の
近寄りがたい人物に思えてしまう。大船渡高校の佐々木朗希投手が。全国高校
野球選手権の岩手大会の決勝戦で登板しないまま敗退したことが。いろいろと
話題に今夏の注目の投手の人。大船渡?佐々木朗希投手はベンチスタートで
最後まで出場もなく。チームは対で花巻東…大谷流”を擁する花巻東にも
期待。

「全国高校野球+岩手大会」に関連するイベント情報。高校野球岩手大会の決勝。一関工で佐々木朗希の起用がなかったことについて。
試合は-で花巻東が勝利した。佐々木全国高校野球選手権 岩手大会の決勝
に。高校最速投手の佐々木朗希擁する大船渡高校が登板した。佐々木投手
ベンチスタートとなると。大谷翔平らを輩出した花巻東が大量リードする形に。高校野球大船渡。第回全国高等学校野球選手権大会は日。各地で地方大会が行われた。岩手
大会では“令和の怪物”佐々木朗希投手擁する大船渡が。エンゼルス大谷翔平投手や
マリナーズ菊池雄星投手を輩出した花巻東と決勝戦を戦い。回大船渡高校?国保監督が佐々木を起用しなかったもう1つの理由。高校野球 岩手大会 決勝 花巻東対大船渡応援団に挨拶するため整列する
佐々木朗希右人目ら大船渡ナイン= 岩手県営野球場 写真
提供。産経新聞社甲子園出場を逃した大船渡高校?佐々木朗希ろうき投手
の起用法にまつわるエピソードを取り上げる。岩手大会は日に決勝戦が行
われ。“令和の怪物”こと。最速キロ右腕?佐々木を擁する大船渡が。大谷

大船渡?佐々木。第101回全国高校野球選手権大会への出場を懸けた岩手大会決勝が25日に行
われ。高校生史上最速の163キロ右腕。佐々木朗希投手3年を擁する
大船渡が花巻東に2-…最速163キロ大船渡?佐々木の決勝戦登板なし敗戦。最速キロの佐々木朗希投手擁する大船渡は岩手県大会で花巻東に-で敗れ
甲子園出場を逃した。大一番で出場することなくベンチで敗戦を見届けた令和の
怪物を米メディアが特集している。佐々木朗希が決勝で対戦する花巻東との因縁。大船渡高?佐々木朗希は一関工高との岩手大会準決勝で奪三振。安打完封
対と圧巻の投球を披露している 決して「リップサービス」ではない。岩手
の甲子園常連校を率いる佐々木監督は。のちに「令和の怪物」と呼ばれる逸材を
早い段階から警戒していた。佐々木を擁する大船渡高は月日。一関工高と
の準決勝を制して。年以来の決勝進出を決めている。回戦

岩手大船渡?佐々木。第回全国高校野球大会 岩手大会準決勝 大船渡-一関工年月
日 岩手県営「令和の怪物」が夢に王手をかけた。キロ右腕?佐々木朗希
投手年擁する大船渡は日。岩手大会準決勝で一関工と対戦大船渡は
日午後時からの決勝で年連続の甲子園を狙う花巻東と対戦する。“令和の怪物”佐々木が岩手県高野連を動かした。最速163キロを誇る“令和の怪物”佐々木朗希投手3年擁する大船渡の国保
陽平監督32は岩手大会中。10日間で6試合を戦う過密盛岡四との4
回戦は雨天順延の影響で中2日21日となったが。延長12回194球を
完投した。体調は万全とは言えないが。かなり疲労は抜けている」と話し。
連戦が設定された花巻東との決勝へ向けて「まだ優勝したわけじゃない。

「花巻東。それでも「令和の怪物」と称されたセンチ。…年夏。全国高等学校野球
選手権?岩手県大会決勝で行われた大船渡花巻東戦で。佐々木朗希現?千葉
ロッテマリーンズの登板日本高校球界史上初のキロ投手?佐々木朗希を
初めて見たのは月日。侍ジャパン高校日本代表の壮行試合だった。高校
野球の岩手県大会決勝戦は。花巻東が大船渡を12?2で下し。甲子園出場を
決めた。

岩手県立大船渡高等学校は,甲子園への出場を逃したが,県大会決勝まで進出した。明白な事実はこれだけです。 それ以外は「…かもしれない」「…だった可能性がある」の範疇です。現状ではこれでよかったんだと思いますよ。ダルビッシュなども言ってますが、日程など連盟がこの問題に真剣に取り組まなかった結果だと思います。監督へのフォローを今後しないと潰れてしまいますよ。佐々木以外の部員がかわいそう?他の部員は佐々木を酷使してもしかしたら致命的な怪我をさせてでも甲子園出れたらそれでよかったと思うのでしょうか?私が部員なら思いませんね。佐々木は怪我して野球の試合ができなくなったけど、自分は甲子園出れてよかったなんて思えないでしょ。逆に佐々木がいなければ、甲子園を目指すことすらできなかったかもと思ったら感感謝ないね。私は他の野球解説者のある方がおっしゃっていた意見に賛成で 佐々木投手を投げさせなかったのは監督のエゴだと思います 佐々木を守る為だとかほざいている輩が多すぎるが 佐々木一人を守るために チームの他のメンバー全員が犠牲になったんだぞ もし佐々木投手が投げて 勝って甲子園に行けた場合 佐々木投手が投げていても負けた場合 そして今回のような監督のエゴで出さないで負けた場合 3パターンあるが 一番後者の場合は全く意味が違ってくる 甲子園に行けるのと行けないのでは 生徒たちの今後の進路にどれだけの影響があるか 佐々木一人を守るために 他のメンバー全員の将来をくるわせたんや この罪はかなり大きい佐々木朗希選手の目指すところ、本当に大事なのは甲子園出場ですか?それとも高校卒業後の野球人生ですか?監督含めて話し合い、これを天秤にかけて、卒業後の野球人生を選んだのでしょう。彼の試合後のインタビューを見てても、ある程度納得した雰囲気でしたよね?本人は納得いってないかもしれませんが、少なくとも説得された事は確かですね。しょせん甲子園はその程度のものなんです。通過点でしかないですし、プロで活躍している選手が全て甲子園球児じゃないですよね?ただ、準々決勝で180球以上投げさせて、続けて準決勝で100球以上投げさせたのに、決勝で投げさせないのは疑問ですね。本当に回避すべきは、準決勝じゃなかったかなと思います。それとも準決勝後にどこか壊したのかな?不倫問題などと同じで、無責任な方々が騒いでいます。甲子園大会、見たくなければ見なければいい。誰も強制しません。今回、怒っていい方は佐々木朗希選手のご家族のみでしょう。恐らくですが怒らないと思いますが。親からすれば、既にプロ当確の選手である息子が、地方大会で今後長く続く可能性のある息子の野球人生を壊されることのほうが問題とするはずです。球数は、試合の中で投げるだけではありません。なので選手の違和感を聞き取り、徹底して投球練習すらさせなかったのは英断。彼の将来になんの責任を負わない方々が、無責任に苦情など言うべきではないと思います。エンジェルスの大谷選手が言うように、来年以降の野球人生のほうが長いのです。監督は、選手全員に死ぬなよ、とミーティングで言っており、佐々木選手以外の選手にも結果は監督である自分の責任である、としています。責められれば責められるほど、勝たせてあげれなかった他の選手が責任を感じるからでしょう。今回の問題は、佐々木選手が投げようと投げまいと、チームが勝っていれば問題にならなかったからです。無責任に問題にあげた人たちは、責任を感じた佐々木選手のチームメイトが自殺でもしたらどう責任をとるつもりなのでしょうね。今回、一監督に責任を丸投げさせた高野連に問題があります。ダルビッシュ有選手が言うように、予選の日程をしっかり確保し最低でも中3日空けれる日程にするとか、ルールとして前日何球投げたら翌日はダメとかを決めるとか、改革はいくらでも出来るのに結局何もしなかった。結果、選手の身体を守った監督が一方的に責められています。責めるべきは選手のことを考えない商業主義の大会運営側である高野連だと思います。たかだか高校の部活動で誰が試合に出るとか騒ぎすぎ。良いか、悪いか、分からないですが、つい去年の吉田輝星を思い出します。佐々木→プロ確定。吉田→甲子園前は前評判なし。監督の思いは察するに余ります。でも、気持ちとしては最後の佐々木を見たかった。ハイ!良くないとおもいます。こんなことなら、彼を最初から使わない方が良かったとおもいます。※m__m※。監督が故障していたとコメントを出しました。連投になってしまうので中2日とか試合日程見直しとか考えた方が良いかなとおもます。いやまじで!奥さんと飲みたいです!!くそ!まじ、ありえんあの監督!絶対大勢のスカウトから、負けてくれ って金積まれてんだ日本野球界の宝を預かる監督のプレッシャーもハンパないと思います。監督はアメリカ独立リーグでのプレー経験もあるそうなので、古臭い日本の根性論よりメジャー的な考え方なんでしょうね。なにしろ1番ホッとしているのは佐々木を狙うプロのスカウト連中でしょうね。甲子園が目標じゃなかったの?強豪高からの誘いを蹴ってまで地元の仲間と甲子園に行きたいがために大船渡にいったんじゃないの?はっきり言って監督はおかしいと思います。高校野球やってきた者として、納得がいきません。マウンドに立たせなかったのは理解出来る。でも彼は4番バッターです。野手としてなぜ使わなかったのかが全く理解出来ない。佐々木選手の未来は守られたかもしれないが、その他の部員にとって、この先の人生で、甲子園に出場したかしないかは大きな違いがある。一試合で190球以上投げさせておいて、決勝では、彼の将来を考えたら、野手としてでも肩を使うのは良くない。なんだそりゃ先発メンバーをみて、決勝戦は花巻東の大勝と思い全く興味が失せた。付け加えるならば スピードだけでは甲子園、ましてプロ野球には通用しない。監督が決めた事ですから外野が言う必要はないと思います。佐々木が肩壊しても誰も責任取れないんだからね。横浜高校の元監督が出るべきだとかぬかしてましたが、良く言うよと思いましたよ。ひじを壊してでも甲子園に行くべきなのか、彼の起用方法をもっと違った形にすればよかった等々???様々な意見は、あるでしょうが当事者が決めた事ですから、今回の事はこれで良かったと思います。寧ろ今後の高校野球の有り方を考え直す時が来たのでは無いでしょうかね。大手新聞社が開催する大会に大人が乗せられ過ぎなのだと思います。高校生と言う年代は、成長途中であり体も未だ出来上がっていない子も多い。彼らとしても負けたくはないだろうし、行ければ全国大会に行きたいのは当たり前です。しかし、そこを大人が「大人の目」で大会の運営等を含めてコントロールする事が必要なのだと思います。球数制限をしても良いし、試合回数を少なくするのも良いアイデアだと思います。高野連が、もっと早く高校生の体を守る為に動くべきでしたね。監督を責める事は出来ません。高校野球で滅茶滅茶肩を酷使するから日本人の投手はプロになってからの寿命が短いという説もある。本人のためには良かったんじゃない?これで甲子園に行ったらまた過密日程での連投、プロになってから30手前で故障ばかりでは可哀相。監督は指導の勉強もしっかりしてるし医学的検査もしっかりして専門家からの意見も聞いている。監督のこの決断は素晴らしいと思うよ。高校球児にとっては甲子園こそが夢の夢。佐々木とて同じだと思います。将来あるから夢は捨てる、そこに何が残るのか?まず先発させる。様子見ながら継投する方法もあったはずです。春季大会も全く同じでしたが、夏の決勝でも同じことやるとは、この監督の決断はある意味凄い。チームスポーツなのでチームで勝つべきです大船渡が甲子園に行けなかったのはチームが弱いからです。佐々木を酷使すれば優勝できたかもしれませんが、そんなことをしてまで勝つのは間違っているし時代遅れです。選手を酷使して壊してきた日本野球の黒歴史を変えなければなりません。ファンは見たかったかも知れませんが、高校野球は興行の場ではなく教育の場です。そこをはき違えては行けません。社会に出てからもサラリーマンはチームで仕事をします。自分一人では勝てないのです。それを身をもって分からせる場でもあります。高校生で160キロ投げられる投手は過去に大谷翔平ぐらいしかいませんでした大谷は甲子園出場を逃しましたが、結果として肩や肘を温存できた元々肘がタフではないタイプだったので、甲子園で肘を酷使しなかったことは、後のプロ野球選手として大成する要因になったと思う甲子園優勝投手で活躍した選手が少ないというデータもあります佐々木投手は以前報道があったように靭帯がまだ自身の投球に耐えられるほど丈夫ではありませんスタミナにも課題がある投手ですプロ一年目からバリバリ活躍できるタイプでもないでしょう花巻東時代に、大谷を甲子園ですごく見てみたかったという残念な気持ちがありました今やメジャーで活躍する選手になっている一流選手が地区大会で負けるというのはよくある話です甲子園で見られなくて残念かも知れませんが、佐々木投手もプロで大成するような気がします大船渡の監督はアホバカくそですね。絶対的エースを決勝で投げさせないってあり得ません。だったら、何故、準決で投げさせたんでしょう。この監督は決勝に行くのが目的で甲子園は目的でなかったって事ですね。つまり、思い出作りをさせたって事ですね。甲子園には出れなかったけど、準優勝よくやったって、準優勝という結果を欲しかっただけですよね。本当にチームだったり佐々木の事を考えるなら、準決温存で、決勝佐々木ですね。自分が監督なら、準決で負けるも決勝で負けるも一緒です。なら、甲子園が目的なので決勝に佐々木を使います。この監督 に付き合わされた選手、保護者は可愛そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です