社会主義中国と創価思想 共産党で宗教否定するんか

社会主義中国と創価思想 共産党で宗教否定するんか

17 3月, 2021

社会主義中国と創価思想 共産党で宗教否定するんか。日本共産党の立場は公式サイトで見られますが、信教の自由の尊重と政教分離の立場ですね。共産党で宗教否定するんか 日本共産党は宗教を否定。日本共産党の根本方針をあらわした綱領は「信教の自由を擁護し。政教分離の
原則の徹底をはかる」と明記し。将来においても「さまざまな思想?信条の自由
。反対政党を含む政治活動の自由は厳格に保障される」と規定してい社会主義中国と創価思想。は。仏教。道教。イスラム教。カトリック天主教。プロテスタント基 督教
を五大宗教として公認し。一定の宗教活動を認めています。 しかし。そんな
共産党の宗教観は。宗教を否定するわけですから。実際 は。建国当初から厳しく

日本共産党の立場は公式サイトで見られますが、信教の自由の尊重と政教分離の立場ですね。「宗教はアヘン」という言葉が知られていますが、その意味は宗教はアヘンのように薬にもなれば毒にもなるという意味です。共産主義現代では社会民主主義の方がポピュラーの出発点は弱者救済であり、これにはキリスト教から生まれた博愛思想が影響を与えています。ヨーロッパ先進国では共産党が衣を替え、社会民主主義政党になっています。共産主義という語がまだ生きているのは中南米地域に多く、中南米地域の共産主義運動あるいは社会主義運動の運動指導者にはカトリックの司祭が多いです。教会が社会主義運動の拠点になっているのです。教会の支持者の多数派は恵まれない層の人だからです。中南米以外のカトリック教会では長らく「共産主義あるいは社会主義はキリスト教の敵」という認識が強かったのですが、新自由主義が世界で猛威を振るうようになり、貧富の差が拡大し続けていますので、キリスト教が懸念すべきは新自由主義の方であり、むしろ共産主義や社会主義はキリスト教が説く博愛主義に親和性があるという認識が強まっています。今のローマ法王がアルゼンチン出身という理由も大きいです。彼は中南米の社会主義とキリスト教の関係の実際を知っていますので。日本の仏教宗派でも、格差拡大に反対するという意味で、俗に言う”左寄り”の主張を支持する僧侶が増えていると感じます。宗派自体がそういう傾向を強く持っている宗派もあります。共産主義?共産国家を作り上げた、地球人類共通の真の敵であり、悪魔崇拝者でもあるイル○ナティ?金融ユ○ヤ?ロス○ャイルド?ロッ○フェラーらが、地球人類を本物の神?宗教?哲学?科学から遠ざけ、拝金主義者?唯物主義者?利己主義者?無神論者?社畜?国畜?イエスマン、すなわち、自分たちの家畜?奴隷を増やしたいからですな。次の様な、本物の宗教?哲学?教えを知れば、非常に不都合という事です。人間も含めて生命の本質は霊魂であり、肉体は霊魂の仮の宿言わば衣であり、肉体が死ねば、生命の本質である霊魂は衣を脱ぎ捨て、自分に相応しい霊界に帰ります。 簡単に言えば、因果応報の法則で、善行を行なってきた善人は霊界の上層である天国に帰り、悪行を行なってきた悪人は霊界の下層である地獄に堕ちるという事ですね。 天網天網恢恢疎にして漏らさずで、神も全てお見通しで、宇宙の森羅万象の全てがアカシックレコードにも記憶されており、霊界に帰った時に自分の現世での全ての行いなどを見せられるので、誤魔化す事もできないのです。 付け加えて、この世での経験や思いや行いなど以外、権力や地位や名誉や財産や家族などはあの世に持って行けず、これらに執着する人々ほど天国の門は閉ざされるという事です。また、自殺したり急死したりして、この世に未練や恨みがある人々は霊界に帰れず、この世とあの世の狭間である幽界で幽霊として成仏するまで苦しみ漂い続けます。それから、 いくらこの世で権力、地位、名誉、財産、良い個性?才能、科学技術などを持っていようが、これらを善用するか、悪用するかも、神に試されているのです。これらを世のため人々の幸福のためなどに善用した人々は霊界の上層である天国に召され、悪用して人々に不幸をもたらした連中が、霊界の下層である地獄に召されるのも、宇宙の法則としても当然なのです。 生命の本質である霊魂が自ら進んでこの世に生まれてくる目的は、カルマを償うためもありますが、霊魂を磨くため、霊魂の修行のため、霊魂を進歩向上させるため、欠点を修正し長所を伸ばすため、生老病死や愛別離苦や怨憎会苦や喜怒哀楽などいろいろな経験をし、感動し、生命を謳歌するためです。そして、生命は神の分霊で、輪廻転生を繰り返す存在で、天国の階段を一歩ずつ登り、神に近づいていく存在です。そのためにも、日々改心し、自分を支えている神や守護神や守護霊や先祖?先人も含めた人々や自然や動植物やものなどに感謝し、世界人類の幸福や平和を祈り、良心と利他愛を発揮して善行を行う事が大切なのです。宗教団体は、他の宗教に対して寛容でないのが普通です。共産主義も、一種の宗教だから。マルクス?レーニンの資本論で、「宗教はアヘンである」と否定されたからです。凸?。?q私の母いわく「日本共産党は中国人と思考回路まったく同じだから宗教には興味ないと思うよー?≧?≦b」とのことでした。否定していませんよ。共存共栄していきましょうという立場です。宗教は人間の内心の問題、精神生活に根ざしていますから、政治的な対策つまり政策で「消滅」をはかっても実現できないことは、250年にわたる徳川幕府の厳格な禁教政策のもとでも隠れキリシタンが受け継がれてきたことをみても明らかです。 人間社会であるかぎり、病気や寿命、結婚や家庭などの人間関係、自分の才能についての希望と現実などの悩みがなくなるとは考えにくいことです。 共産主義社会でも人間の苦悩にたいする精神的活動として宗教が存在する場合、自由な人間関係の社会の自由な精神活動が保障されることはいうまでもありません。 宗教の社会的役割としては、宗教が民衆の立場にたって社会進歩を推進した歴史があります。 20世紀には「神を信ずる者も信じない者も」共同してファシズムに立ち向かい、今では異なる信仰の宗教者が共同する平和運動が発展しています。信教の自由を擁護し、政教分離の原則の徹底をはかることを綱領に明記する日本共産党は、オウムや統一協会などの反社会的集団にたいしては犯罪として対処することをもとめ、創価学会?公明党の政教一体にも反民主主義的な集団として批判しています。同時に、憲法第9条を守る運動をはじめ平和と民主主義のために宗教者との共同を重視しています。日本共産党が指針とする科学的社会主義は、世界観としては宗教的世界観と異なりますが、宗教の存在を否定して宗教の廃止を主張するものではないこと、宗教には社会進歩に貢献してきた歴史もあること、未来社会においても宗教を信ずる人びとの信教の自由は保障されなければならないことなどを解明してきました。 日本共産党綱領は「信教の自由を擁護し、政教分離の原則の徹底をはかる」と明記しています。「しんぶん赤旗」には連日のように宗教者が登場しており、この綱領を決めた日本共産党第23回大会では、党と宗教者との協力をどう綱領に盛りこむかが討議のテーマの一つとなりました。日本共産党が宗教者の信条を尊重し、共同を重視していることの現われです。宗教者の入党も当然のこととして認められています。日本共産党規約が「科学的社会主義を理論的な基礎とする」としているのは、政治経済社会の諸問題にたいして科学的社会主義の見地でとりくむという意味です。日本共産党は政党であり哲学団体ではありませんから、「綱領と規約を認める人は党員となることができる」規約第4条のです。副委員長で参議院議員だった故小笠原貞子さんはクリスチャンでした。住職の党員が参議院選挙の候補者となったこともあり、第22回党大会では住職の党員が代議員として発言しています。日本共産党の地方議員や候補者にも住職や住職夫人、神職、キリスト教、天理教などの宗教者が少なくありません。 日本共産党の党員の葬儀では、信教の自由をまもりますから、寺院や教会でとりおこなわれる場合も、他の場所の場合も、特定の宗教儀礼の場合も、そうではない葬送の場合も、それぞれの党員の遺志と遺族や関係者の自由な選択にゆだねられています「宗教はアヘンである」からです。古今東西の宗教団体が腐敗堕落するとどうなるか歴史が証明しています。現代だって新興宗教が生まれ、インチキ同然の宗教ビジネスをやっています。元々、唯物論だから「神はいない」のです。マルクスが「へーゲル法哲学批判序説」の中で宗教はアヘンであると書き、後の共産党員はそれを受けて宗教を否定しています。しかしこの本をよく読んだらマルクスは宗教批判というよりは民衆が宗教を信じざるを得ないような厳しい社会を批判しています。彼は自著の中で宗教が歴史に果たしてきた役割を評価しており、しかしもう宗教に頼っていていい時期じゃないよねという穏健的な態度を取っています。あくまでマルクスの宗教に対する態度は「社会を改良した結果宗教をなくせれば良い」というものに見えますが、後継者たちが軒並み社会を良くしもしないくせに宗教だけをなくし、宗教の後釜に共産党を据えて崇拝させるという形をとってしまっているのは皮肉なものです。共産主義は「人類は一定の社会進化過程をたどる」「現在の進化過程である資本主義の次に共産主義の社会が来る」という教義を持つ宗教のようなものですから、その教義への全面的な心服の阻害要因となる他宗教には常に敵対的です。もうちょっと彼らの主観に寄り添ったかたちで言及するなら、彼らは自分達を「科学的に世の中を観た結果として生まれた」科学的社会主義と定義しています。超自然的な存在を前提とした宗教、個人の短期的な慈善心に依拠したそれまでの理想社会論とは違う「科学」の産物だと自認しているんですね。カール?マルクスが、宗教とは麻薬のようなものだ。と規定したから。確かに、苦しみを紛らわすために非科学的な教えに身を委ね、さらに自分が苦しくなってもやめられない泥沼みたいな部分は麻薬的。しかし、共産主義も共産党の方針を学習して行動を起こせば理想社会に向かう、それまで戦え。といったイケイケ系宗教と同じ事を要求するので、結局は宗教紛争みたいなものだと思う。共産党党首より偉い存在があってはならないから。共産主義者が宗教を毛嫌いし、弾圧したのは確かですが、それは大昔ですよ。そうは言っても今現在大歓迎しているわけでもありません。貴族と同じようにキリスト教の聖職者も特権階級だから、今でもバチカンの教皇は君主と一緒なんだしイギリスのエ女王はキリスト教の司祭でも有るわけだし。共産党は宗教を認めている、と言う、ありえない大嘘を平気で言うアホがいるので気負付けましょうマルクスの「ヘーゲル法哲学批判」に詳しく書かれています民衆のアヘンであるブルジョアの反動の機関である社会悪が悪しき意識たる宗教を生む等々出ております歴史を見ても、現実を見ても、共産党の宗教弾圧は過酷です中国一つを見ても、今ウイグルでチベットで何が行われているか中国政府は隠していますが少しでも知ると、その残虐性に唖然とします毛沢東が、人の命を、羽毛の様に軽い、と表現しました中国人のモラルの低さは、儒教が迫害され、無くなったためなのです参考に、マルクスの唯心観共産党も信仰の自由を認めてるはずです。出なければ政党とは認められないでしょう。政権は取れませんが。共産党と言うから?分かりにくいのです。 共産教と思った方がいい。新興宗教の一種で他の宗教を否定します。教祖様とその一派はぼろもうけ、あとは奴隷。共産主義はユダヤ教の亜種です。独裁的な教義を持っています。コミンテルンの綱領等を見ると共産主義を信じないものは粛正せよ。共産主義を信じない者を、定期的にチェックして見つけだせ。となっています。他の宗教とは相容れません。自らがカルト宗教ですから、宗教を否定していないと、自らの素性がバレてしまうからです。

  • 介護10年頼むから 死んでくれたら人生で一番嬉しい日にな
  • 12/1&39;13 20万でも高いような気がするんです
  • 第201回国会 コロナウイルスの人と人の接触が8割達成で
  • Part10 最近手作りで推しの等身大パネルを作るのが流
  • 医師エッセー 痛みが酷くあまり効かなかったのですがどうし
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です