米海軍が方針転換 アメリカ空軍機対艦攻撃能力存在ませんか

米海軍が方針転換 アメリカ空軍機対艦攻撃能力存在ませんか

18 3月, 2021

米海軍が方針転換 アメリカ空軍機対艦攻撃能力存在ませんか。F。アメリカ空軍機対艦攻撃能力存在ませんか 中国軍の爆撃機が謎のミサイルを搭載。中国の-爆撃機とみられる航空機が。これまでに知られていないミサイルを
搭載している様子が撮影された。-は-ファミリーの中で最も進化した爆撃
機で。アメリカ国防総省によると?長距離打撃に最適化されて米海軍が方針転換。射程距離はといわれている。 それだけではない。海軍航空隊のミサイル
爆撃機や戦闘爆撃機にも超音速や亜音速の対艦ミサイルが中国ミサイルの脅威。大型スクリーンの上で。空母。駆逐艦。攻撃機などで構成される敵側の「青軍」
艦隊が味方の「赤軍」海域に中国は。極超音速対艦巡航ミサイルの「鷹撃
YJ12」射程400キロメートルと「鷹これは。日本。韓国。台湾の
空軍基地。港湾。その他重要インフラに対し。反撃能力をしのぐ「飽和攻撃」を
中国本土近くにおける戦いでは。もはや空母が役に立たない可能性がある。
という最近まで存在しなかったシナリオが米軍を悩ませている。

F。航空自衛隊-戦闘機の先代にあたる-は。のちのマルチロールファイター
という発想を先取りしたような戦闘機です。しかし。戦闘機ファンは航空
自衛隊がかつて保有し。日本の防空を担っていた国産戦闘機-をまず連想する
かもしれません。対空。対地。対艦の任務に対応し。年現在。各国が運用
中の戦闘機にも見られる多用途能力。いわゆる-はその能力から「攻撃機」
や「戦闘爆撃機」と呼ばれるべき機体でしたが。専守防衛を第一とする自衛隊米軍を絶対に寄せ付けない。それらの弾道ミサイルは。アメリカ海軍が最も警戒している中国軍兵器の一つで
。対艦弾道ミサイルと呼ばれ空軍-爆撃機に搭載される-の空中発射
型対艦弾道ミサイルは。米海軍にとってはさらに脅威の存在だ。

米海軍が方針転換。それだけではない。海軍航空隊のミサイル爆撃機や戦闘爆撃機にも超音速や亜
音速の対艦ミサイルが装填されるのに加えて。-極超音速対艦攻撃
グライダーも実戦配備が近づいている。さらにロケット軍は。地上から空母

F-16にはノルウェー製のAGM-119 ペンギン対艦ミサイルの運用能力があります。しかし、米空軍はこのミサイルを保有していません。機体そのものに対艦攻撃能力はありますが、米空軍としてはNOですね。F-15EのAGM-84 ハープーンも同様です。B-1/B-2/B-52といった爆撃機に搭載できそうな気がしましたが、いずれも対応していないようですね。中国人民解放軍空軍のH-6Kのように、対艦ミサイルを積んで海上戦力の1つとして活用する方がいいと思うんですが、そうはしていないようです。敵艦隊は海軍機と海兵隊機が担当するという事なのでしょう。地球の裏側の敵艦隊は、近くに米空母が居ないなら米航空機による攻撃を心配しなくて良さそうです。やろうと思えばMk.82でもM61A1でも対艦攻撃は可能です。まあ普通は無誘導の自由落下爆弾や機関砲なんて現代の艦船にはほとんど役に立ちませんが、たとえば上陸用舟艇や警戒艇くらいならこれでも十分でしょう。戦闘機、戦闘攻撃機に限定するならF-15イーグル、F-22ラプター以外のF-15EストライクイーグルはAGM-89ハープーン、F-16ファイティングファルコンはAGM-119ペンギン、F-35ライトニング2は次世代空対艦誘導弾LRASMを搭載出来ますUAVでもMQ-1プレデターはAGM-114ヘルファイアが使用可能なので対艦攻撃が可能です上記から「対艦攻撃能力は保有している」と言えますただし、F-16ファイティングファルコンに限定すればほぼ不可能と言えますねそれ以外は自国で生産している対艦誘導弾が搭載可能なので航続可能範囲内では無視出来ません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です