頭頸部癌患者における死の臨床 死亡時の33歳の肉体のまい

頭頸部癌患者における死の臨床 死亡時の33歳の肉体のまい

17 3月, 2021

頭頸部癌患者における死の臨床 死亡時の33歳の肉体のまい。それはキリスト教会が創作した幼児を洗脳する為の童話です。イエス天国住んで
天国空の上でなく
宇宙のか又宇宙の外あるます
イエス享年33歳ます
死亡時の33歳の肉体のまいる思か 霊的な体だ肉体年齢いうの無い
考え (キリスト教ての考え)頭頸部癌患者における死の臨床。巻号 表頭 頚部癌患者死亡例 期 間年月 ~年月 症 例 数
例年例 年 年占め,予 後不良の傾向をとつたことを
如実にあ らわ している部 位的にはやは り肺が例 と最多,つ い で皮膚例,脊
椎例の と引 き換えに死期 を迎 えた末期患者に肉体的,精 神的苦痛 を負わ37歳まで童貞だった――ある「非モテ」の告白。人はセックスをしないと社会で見下されるということはないかもしれないけど。
普通じゃないと少しでも思われたら。何か異常だと見られる可能性がある。 女性
を「ものにする」ことへの文化的な投資がされていると思うんです

美輪明宏が語る天才作家?三島由紀夫。早熟だった三島が歳の時に書き上げた小説が。いまも三島の代表作のひとつ
として人気の高い「花ざかりの森」。銀座の喫茶店で美輪がウェイターをして
いる時のことでした。そして昭和年。三島歳の時には見合いで結婚。
私が人に比べて特徴的であったと思うのは。少年時代からの強烈な肉体的劣等感
であって。私は一度も自分の肉体の繊弱を。好ましく思ったこともなければ
誇らしく

それはキリスト教会が創作した幼児を洗脳する為の童話です。2000年前に書かれた聖書にはマタイ福音書11/12襲われて奪われそうになってると書かれてますが、それがその後どうなったのかは、キリスト教徒は誰も知りません。キリスト教徒には「天国」は実在しないと考えた方が良いと思います。カトリック信徒のものです。 考え方としては、死後、全く新らたなものにされると思ってください。ですから、質問者様ご自身が書かれているように、肉体的な年齢はありません。 これは、我々でも同じで、子供のころに死んでも年を取ってから死んでも、そのままの肉体が復活することではなく、全く新らたにされた肉体が復活するので、肉体的な年齢というものが概念的にもないことになります。それは違います。天国は空にあります。結論だけ覚えていて、過程は思い出せないのですが、一回、科学的に分析しました。なので、自分のノートにメモってあります。以上、参考になれば。30歳頃の姿では…と言われていますが、真偽の程は解りません。幼く死んだ人も、長寿を全うした人も。御国では「30歳頃」では?とも言います…真偽の程は解りません。死んだ人pに関しては「地獄に落された金持ちが見上げると…アブラハムの懐に…一見「アブラハムと解る風貌であった…」「…水と同じ姿に…」イエス様の御国での姿が、自分達に反映される…どちらが正しいので章か?「神のみぞ知る…」なのかも知れません。聖書には次のように書いてありいます。コヘレト 死後コヘレト9:5-6「生きている者は、少なくとも知っている、自分はやがて死ぬ、ということを。しかし、死者はもう何一つ知らない。 彼らはもう報いを受けることもなく、彼らの名は忘れられる。その愛も憎しみも、情熱も、既に消えうせ、太陽の下に起こることのどれ一つにも、もう何の関わりもない」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です