pr3045 ホルモン持ち帰り専門店菌いない勧められるま

pr3045 ホルモン持ち帰り専門店菌いない勧められるま

17 3月, 2021

pr3045 ホルモン持ち帰り専門店菌いない勧められるま。>店側を食品衛生法違反以外の罪に問えないのでしょうか。【牛レバーの生食ついて「客O157発症リスク負わせる」こ罪でないのか 】 ホルモン持ち帰り専門店、菌いない勧められるまま牛レバーの生食たら、母親O157かかり、腸炎?溶血性尿毒症症候群?合併症て腎不全?脳梗塞起こ、寝たきり気管切開の状態なり 回復の目処たっていません 妻(妊娠中)食、数日腹痛程度で済み、妻無症状でた 食ていない同居の父数日腹痛有り、母入院たあの保健所よる検査で全員陰性でた ?妻?父?1才の息子母同じ状態なる可能性あった事考えるゾッます 妻妊娠中なので流産の可能性あり 無知恐ろいので、一部の牛元々O157保菌ていて、肉屋牛の保菌確認する方法なく、鮮度全く関係ないの 牛レバーの生食まさ自殺行為 潜伏期間7日だったので、レバー残っておらず原因断定できないのこで保健所全く動いてくれません 同じ理由で警察刑事事件化難いの事 販売た証拠押さえているので食品衛生法違反なるよう 家族全員危険な状態なる可能性負わされた時点で我家重大な被害あった感じているの、店側食品衛生法違反以外の罪問えないのでょうか (業務上過失傷罪等) 自分達の無知反省て、店側菌いない言ってこなければ食べていません、食べる気ありませんでた 達店の常連で、楽い雰囲気で「皆食べている」「菌いない」勧められたので食べ 少親くなり疑う気持ち弱まってい ?ホルモン持ち帰り専門店側牛レバーの生食勧めてきた 全く要求ていない ?不安だったので大丈夫か疑う「牛レバー元々菌いない 調理器具等菌つく 今日入荷たばかりで新鮮だ大丈夫 」言われた ?付けて食べるのか聞く「他のお客さん焼肉のたれ、ポン酢、ごま油塩で」言われたので、通り食べた 常習的生食勧めていた思われる ?食感モチモチコリコリどちらいいか聞かれたのでコリコリ頼んだ ?購入時居合わせたの母妻で、勧められるまま刺身用切ってらった ?上司の知人、店の生食推奨知っていた 他証言者探す予定 ?食品衛生法違反の証拠揃っている ?店側「生食できるくらい新鮮」言ったかれない等ぼけている 調べる、すら違反のこ 無知なのか 生レバー母日常寝たきり追い込んだ物的証拠ありません (レバー残っていないので) か、普通生活ていて生レバー食べた途端発症たこ原因て間違いない考えて 以前、発症ようまい、生食勧めるいう行為自体、客O157発症リスク負わせる大変危険な行為である思うの、店厳く裁くこ出来ないのでょうか 孫の成長楽み老後過ごていた母のあらゆる可能性奪った店許せません O157潜伏期間長いので、証拠残らず持ち帰り専門店いう形でば無責任売りたい放題 客泣き寝入りするかないのでょうか 売った時点で厳罰なる前例作らない今後同じ被害全国で起きます 長文最後読んでいただきありうござ よろくお願います pr3045。平成年3月。熊本市において焼肉店を原因とした腸管出血性大腸菌
以下集団食中毒が発生した。患者は共通の焼肉うち
1名が日朝6時より下痢?発熱などの体調異常を起こし医療機関を受診。検便
からを接触者検便を実施した結果。残る有症者4名中2名。および無
症状者8名中2名からが検出された。 事例2が届けられた時点で熊本市は
集団食中毒の可能性が高いとして。焼肉店Aの調査を実施した。原因究明の
ため

2011年7月発行牛生レバーを食べるには。また。日本でも年初夏から腸管出血性大腸菌食中毒が。世界で例を見
ない規模で大流行したことはまだ記憶に新しい。その後年秋には日本でも
発生が確認され。またこの頃から豚レバーの生食によって型肝炎ウイルス
感染症が報告されるようになった。内臓業者の細かい手作業によって今日の
ホルモン食文化が支えられている。松阪食肉流通センターでは。摘出後に吊り
下げられたまま検査され。肝臓と心臓のみを処理する区画された専用の部屋に送
られる。O。埼玉県?東京都内を中心とした飲食店サポート?厨房機器販売は株式会社
フィールドサポートにお任せください。平成8年8月6日に。腸管出血性
大腸菌O157による感染症は。法定伝染病に指定され。これまでの食中毒の
予防に加え。特徴的な症状は。ヘソから下腹部にかけての激しい腹痛と下痢と
血便です。腎臓や脳などに重大なダメージを与え。死に至る場合もある。
大腸菌 ?生レバー。生センマイ。加熱不足のホルモン等 牛などの内臓に
住む細菌です。

齊藤医院HP:話題。また。生後6か月未満は母親から受け継いだ免疫があるのですが。感染力が強力
で生後6か月未満の乳児でも感染します。先に述べたシナジスは。RS
ウイルスの蛋白を特異的に認識する遺伝子組換えによって作られた製剤
です。おたふく風邪に伴う難聴の合併率については。教科書的にも.万~2
万人に人とするものから~人に人とさらに尿毒症症状を起こすと
強い痙攣や意識障害を起こして重篤となり死亡する場合もあります溶血性尿毒
症症候群。楽天市場鮮度保証。新鮮牛レバー使いやすい約×パックの小分けでお届け! 。鮮度保証!
g×小分けパック要加熱 ※レバ刺しではありません。現在。牛
レバーは不定期入荷の為。売り切れが多くなっておりご迷惑をおかけしており
ます。

管内情報。管内情報 焼肉店で発生した腸管出血性大腸菌食中毒事例について有
症者29名。無症状病原体保有者4名原因初期の検査では。喫食者名。
従事者名の便検体。回収した食肉?ホルモン検体。カルビ肉検体よりが
分離された。分離した菌株症状。被害状況患者の主な症状は。血便。下痢。
腹痛で。最終的には有症者名。無症状病原体保有者名が確認され。うち名
が入院を要した。名が溶血性尿毒症症候群を合併したが。入院加療ののち回復
した。O157:岐阜の焼き肉店で男女6人感染。岐阜県は29日。同県養老町の焼き肉店「やきにく藤太」で食事をした男女6人
が腸管出血性大腸菌O157に感染し。うち4人は入院したと発表した。愛知県
一宮市の女性21が溶血性尿毒症症候群HUSで重症となり今も入院し
ている。3人は退院した。で牛タンや牛カルビ。牛ロース。ホルモンなどを
食べた3グループの21~37歳の6人が腹痛や血便の食中毒症状を

>店側を食品衛生法違反以外の罪に問えないのでしょうか?業務上過失傷罪等難しいでしょう。出来るなら警察がやってます。>O157は潜伏期間が長いので、証拠が残らず持ち帰り専門店という形であれば無責任に売りたい放題です。客は泣き寝入りするしかないのでしょうか?その通りです。自己防衛が必要なのです。平成24年7月からの牛のレバー、平成27年6月からの豚肉や内臓の生食用としての販売の禁止は周知の事実です。専門である店が、、、との考えもありますが「疑わしきは被告人の利益に」の原則から刑事責任の追及は難しいです。民事責任の追及は可能でしょうか難しい感があります。追求するとすれば>?不安だったので大丈夫か疑うと「牛レバーには元々菌がいない。>調理器具等から菌がつく。今日入荷したばかりで新鮮だから大丈夫。」と言われた。このへんでしょう。専門家が「しらないのに間違った事を言った」と追求は可能です。半面、不安があったのに確認しないで食した「自己責任」と言われる可能性があります。まあ、「食品衛生法違反」は間違い無いので、、、、、。これ以上の部分は訴訟をする時の事を考え記載しないでおきます。一番のネックはお母様の感染との因果関係でしょう。これもこれ以上の部分は訴訟をする時の事を考え記載しないでおきます。今質問者さんの出来る事は「食品衛生法違反」で起訴してもらうように運動する事でしょう。略式起訴でも良いから。「二年以下の懲役又は二百万円以下の罰金」を科せましょう。また 「牛 や 豚の生食はダメ」 をさらに周知するように マスコミ 地方公共団体 国に訴えかける事も必要でしょう。ただし、これは質問者さんの無知でお母様の病気にしてしまった事を自分で広める事にもなります。この覚悟は必要です。お母様の回復を願っています。 食品衛生法 昭和二十二年法律第二百三十三号第十一条 厚生労働大臣は、公衆衛生の見地から、薬事?食品衛生審議会の意見を聴いて、販売の用に供する食品若しくは添加物の製造、加工、使用、調理若しくは保存の方法につき基準を定め、又は販売の用に供する食品若しくは添加物の成分につき規格を定めることができる。○2 前項の規定により基準又は規格が定められたときは、その基準に合わない方法により食品若しくは添加物を製造し、加工し、使用し、調理し、若しくは保存し、その基準に合わない方法による食品若しくは添加物を販売し、若しくは輸入し、又はその規格に合わない食品若しくは添加物を製造し、輸入し、加工し、使用し、調理し、保存し、若しくは販売してはならない以下略。第七十二条 第十一条第二項第六十二条第一項及び第二項において準用する場合を含む。若しくは第三項、第十六条第六十二条第一項及び第三項において準用する場合を含む。、第十九条第二項第六十二条第一項において準用する場合を含む。、第二十条第六十二条第一項において準用する場合を含む。又は第五十二条第一項第六十二条第一項において準用する場合を含む。の規定に違反した者は、二年以下の懲役又は二百万円以下の罰金に処する。○2 前項の罪を犯した者には、情状により懲役及び罰金を併科することができる。O157は牛の腸に棲む腐敗性大腸菌の一種で、この菌が最も多くの発見されているのは食肉処理場の解体カウンターです。アメリカではいまだに毎年2千万人が感染し約500人が死亡していますが、これの原因が畜産です。O157、5歳女児死亡 京都?長岡京過去の事件ではカイワレがスケープゴートされていましたが、植物に大腸菌が間接的に接触しない限り、この菌が植物に付着することはほぼありません。確実にレバーが原因であることは間違いありませんが、残念ですが証拠不充分です。「生食OK」もその店員がそんなことは言っていないと言えばそれまでです。肉の中毒に関しては自己防衛、自己責任です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です